ガジェット

クレジットカードとデビットカードの違い

今までクレジットカードはいくつか持っていましたが、デビットカードには馴染みがありませんでした。

二つのカードの違いについて考えてみたいと思います。

口座からの引き落としのタイミング

大きな違いは口座引き落としのタイミングです。

  • クレジットカード 毎月決まった日にまとめて引き落とし
  • デビットカード 使った日に引き落とし

デビットカードは使った瞬間に口座残高から引き落としされます。

銀行口座という現金のお財布を持ち歩いている感覚です。

それと対照的に、クレジットカードは毎月決まった日にまとめて引き落としになります。

利用内容によっては4月に使ったものが6月に引き落としになったりすることもあります。

支払回数

  • クレジットカード 1回、分割、ボーナス払い、リボ払いなど選べる(ただし手数料がかかる場合有り)
  • デビットカード 1回のみ

クレジットカードも大抵2回払いまでは手数料無料だったりしますが、それ以上の分割には手数料がかかる場合があります。

デビットカードはシンプルですね。

利用限度額

一般的にデビットカードの利用限度額イコール口座の残高ですが、それとは別に日や月による制限の設定があります。

クレジットカードは毎月の限度額で決まりますね。

発行のしやすさ

クレジットカードは職業や年収などの審査がありますが、デビットカードは口座を持っていれば作ることができます。

デビットカードは結局、口座の残高分しか使うことができないため、簡単に作れます。

どっちが良いの?

どっちが良いの?ということになると、私は次のように思います。

クレジットカードに向いている人は、カード決済した額を自分で管理できる人、もしくはお金なんて余るほどあるぜという人。

いくら使ったか覚えてられなくて、毎月使いすぎてしまう人はデビットカードにして毎月決まった額だけ口座に振り込みましょう。

まとめ

支払額の管理を自分でしっかりしつつ、クレジットカードを使ってポイントを貯めるのが一番得する方法だと思います。

デビットカードにしかないサービスもあるので、うまく使い分けるとさらに得すると思います。

-ガジェット

© 2022 シュルームフィード ShroomFeed